英語が苦手な人が英語を学ぶとき

まず、英語が苦手な人がなぜ英語をあえて学ぼうとしているのでしょうか。

日本国内で普通に暮らしていれば特に英語には関係なく生活することはできますね。

それでもなお英語が苦手だと思っているのに英語を学ぼうとしているのにはそれなりの理由があるでしょう。

なぜ英語を学ぶのか、どの程度まで学びたいのか、例えば受験で英語のテストを受けなければならなくなったということもあるかもしれません。

同じ英語のテストでも受験英語ではなく英語能力の判定テストを受ける必要があるのかもしれません。

自分に自信をつけるために選んだのが英語力をつけることでもいいんです。

とにかく英語を学ぶ目的をはっきりさせておくことです。

そして英語が出来るようになりたいといったとき、どの程度で自分にとって英語ができるということなのか、どの程度までなりたいのか、そこもはっきりさせおきましょう。

映画を字幕なしでみたい、英語の発音がきれいにできるようにしたい、ある程度の英語はスラスラ読めるようになりたい(この場合の「ある程度」もどの程度なのか)などいろいろあるはずです。

いずれにしても英語ができるようになるには勉強しなければなりませんね。

一度英語の勉強をすると決めたのであれば毎日必ず一定時間は確保してください。

継続は力なりです。

中学校の英語から始めてみましょう。

「大人のための中学英語」といったような大人用の英語教材は結構たくさんあります。

目で見てわかっても耳から入ってくるのは別物なのでNHKの基礎英語を利用するのもいいですね。

中学校レベルの単語や文法がクリアできたのなら高校レベルにうつりましょう。

高校英語の文法をクリアするのによい教材があります。

桐原書店から出ている「フォレスト総合英語」は受験英語だけでなく英語のコミュニケーションを取ることに関係した説明もあるので英語学習においてかなり有効に使えるはずです。

高校英語をクリアできるぐらいまでは集中して毎日続けることです。

英語を身につけるために勉強を続けるモチベーションを維持するには自分が目指しているレベルまで英語ができるようになった自分をはっきりとイメージすることです。

英語学習だけでなく大人になってからもいろいろなことを学び続けるときにはだいじなことですね。

一般的な英語のライティングは、ある程度独学でも出来ると思いますが、IELTSなどの英語のテストで必要なエッセイなどの文章は、書き方を勉強して反復練習をする必要あります。
特にIELTSのライティングは、独学で技術を身につけるのは難しいので、IELTSライティング添削などのサービスを利用するのがよいでしょう。

正しい英語の学び方

まず何のために英語を勉強するのか、それをはっきりさせましょう。

留学するために必要、つまり日常会話だけでなく大学での講義内容がわかり課題を英語で提出するするだけの英語力が必要なので勉強する。

その前に留学するために必要な英語力証明のテストで必要なスコアをとらなければなりませんね。

そのテスト対策のための勉強もあるでしょう。

外資系の会社で仕事をしたいから勉強をするということもあるかもしれません。

通訳ガイドの仕事がしたいからとというのであれば実際に使える英語のための勉強の他に通訳ガイド試験対策の勉強も必要です。

目的や目標を明確にすることで学習意欲が高まり、継続することもできます。

リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングのどの技能を伸ばしたいのか、どの程度まで達成したいのか、それによって勉強の仕方も変わってくるでしょう。

英語学習は、早く、簡単にできるものではありません。

いくら良い教材、良い先生がいても英語の上達には本人の努力が大きく影響します。

スポーツや楽器などの上達と何ら変わりありません。

ただ、同じ努力をするにしてもまちがった方法を続けていてはあまり上達は見込めないということはあります。

そういった意味での英語の正しい学び方は存在します。

「只管朗読」という方法があります。

同時通訳の神様といわれた國弘正雄氏が提唱した英語の学び方です。

「只管朗読」というのはひととおり意味の分かった英文をただひたすら音読することです。

英語の読み物教材は多種多様ですが、自分に最適なものを選び、只管朗読することで英語の音声内容を日本語を介在することなく直接イメージできるようになるでしょう。

CDがついているものだとネイティブの音声を聞きながら音読することでスピーキング、リスニング両方の力がついていきます。

その後、ディクテーションやシャドウイングへと進んでいきましょう。

英語が出来る人はここがちがう

英語ができるようには海外に滞在するのが一番てっとりばやいとよく言われます。

ほんとうにそうなのでしょうか。

海外に行っても全然話せるようにならないまま帰ってくる人もいますね。

日本で英語の勉強なんてしなかったという人がどんどん英語を吸収して数ヶ月もすればその国の友だちとの日常会話には困らないなんて人もいれば、いわゆる有名といわれる大学で英文学を専攻してきたのに日常会話すらおぼつかないなんてこともあります。

英語ができる人できない人の差はどこにあるのでしょう。

英語ができない人というのは根拠もなく海外に行けば学校に通うのだからなんとかなると思っていて自分では努力しない人です。

また変なプライドがあっていろんな理屈をつけては反論したがり素直に学ぼうとしない人がいますね。

せっかく海外に来ているのに日本人同士固まったり、あっているかどうかわからない英語をしゃべって満足してしまっている人もいます。

また周りがネイティブスピーカーだらけなのに発音を盗もうともせずに、相変わらずのカタカナ発音で通している人もいます。

こうした人たちはいくら海外の語学学校で学んでも学んでいるということだけに満足して英語力は伸びないでしょう。

英語が出来る人というのはやはり発音がいい人ですね。

カタカナで発音してもダメなのです。
英語の感覚をつかむには英語の発音をしなければなりません。

何事においても素直な人というのは吸収率がいいですね。

素直なだけでなくちゃんと本質を理解している人です。

やはり基礎がきちんとしている人は飲み込みも早い。

単語力や文法力、リスニング力がある人は自分が弱い部分を補強しようとするので勉強の仕方も変わってきますね。

そしてなにより勉強が楽しいと思えて好奇心旺盛な人は語学に限らず何を学ぶにも吸収するのが早いでしょう。

英語でスピーチ

日本人が英語でスピーチをする機会というのは日常生活においてはそうあるものではないでしょう。

ただ、これからの国際的に活躍していきたいと思っている人にとっては英語でのスピーチは避けて通れません。

スピーチにおいて重要なのは英語力だけではないのです。

もちろんスピーチの内容が相手にきちんと伝わる内容であることは当然です。

そしてきれいなわかりやすい発音で話すことはいうまでもありませんが、それだけではだめなのです。

スピーチを効果的にするには身振り手振りも必要になってきます。

ただオーバーアクションになってしまってはわざとらしくなりますね。

顔の表情や声の強弱、動作のバランスが取れていなければ、いくらスピーチの内容が立派でも伝わらないのです。

言葉と表情と動作が合って人を惹きつけるスピーチをしようと思えばそういう上手なスピーチをする人の全体像を参考にするといいでしょう。

ただ参考にするのは良いのですが、自分自身のキャラクターとまるで合わない人のスピーチをお手本にしてもわざとらしいものになってしまいます。

日本に住んでいれば日常生活においてはほとんど必要にない英語のスピーチですが、これからのビジネスにおいては避けて通れないですね。

表情もなく口元だけでボソボソと喋っていては伝わるものも伝わりません。

内容がいくら良くても訴える力は激減してしまいます。

これから海外に出ていく日本人にとって英語力とともに大事なのはプレゼン力、パフォーマンス力と言えるかもしれません。

日本人と英語の関係についての海外の反応

英語は苦手、英語は話せないという日本人は多いですね。

海外でも日本人は英語がヘタと思われているのでしょうか。

海外の掲示板でもよく「日本人って英語が苦手なの?」「日本人ってどうして英語が下手なの?」などとつぶやかれていますが、海外の反応を集めてみたというサイトがあったのでそこからちょっとピックアップしてみました。

日本の英語教育は文法教育に重点を置いてるから英文を読んだり理解したりするのは得意な人は多いんだろうけど、会話になるとね。

日本人の発音がよくないのはカタカナのせいだね。
海外から入ってきた言葉とかものはカタカナになってるからそれで英語を勉強するときに発音が下手になってるんだろう。

日本では中学・高校で6年も英語を教えてるけど英語教区のレベルはそんなに高くないんだろう。

日本は先進国だし英語学習法のいいのがあってもいいのにどうしてあんなに英語が話せない人が多いのか不思議だ
日本人でもすっごく英語が上手な人はいるよね。
英語圏の教師をいれて英語力の向上を図ってるみたいだけど文法中心の勉強が主流だね。
日本人にとって英語は使うためのものじゃなくて大学に行くために必要なものなんだよ。

日本人は英語を話すときに完璧主義なんだな。
慎重になりすぎて喋らない人は多いと思う。
自信を持てば英語は上達するよ。

日本人は英語の筆記体を使える人も多いんだよね。
アメリカ人でも使えなくなってる筆記体を日本人が使ってるのには驚いた。

日本人が英語を話せないのは英語教育の問題?

多くの日本人が6年間も学校で英語を習ってきているにも関わらず流暢に話せる人はあまりいません。

もっとも学校で地理や歴史を習ってきていても日本のことをほとんど知らなかったり歴史的事実を理解していなかったりするわけですから英語だけをとりあげて学校教育云々といっても仕方のないことなのかもしれません。

実際の知識や技術としてはあまり役に立たないのが学校教育というものなのかもしれませんね。

それでもなお学校教育における英語について考えてみたいと思います。

英語の授業の中で大きな位置を占めているのが英文和訳です。

英語を英語のままに理解することなしに文法的にどうかという分析をして最後には全文を和訳するという教え方をしています。

最近でこそ受験にもリスニング問題がありますが、授業ではあまり重きをおかずに文法や英作文中心の授業が多いですね。

学校教育では英語を生きた言葉として扱うのではなくあくまでも授業科目として分析的な内容になっていますね。

授業では間違うことは点数に結びつかない「いけないこと」なので英語でも間違うことを恐れて完璧主義を通そうとするので確信が持てなければ話そうとしないということもありますね。

そのようなことから科目としての英語が嫌いになって英語が苦手という人が多いのも事実です。

英語圏でなくとも英語が話せる人が多い国というのは自国の中でも何種類もの言語が使われている国が多いようです。

日本では日常的に英語を話す環境がないことも大きく影響しているでしょう

外国人から見た日本人の英語

外国語を学ぶときには母国語をいっさい介在しないで英語を学ぶときはすべて英語、中国語を学ぶときはすべて中国語でという外国語教授法があります。

マーク・ピーターセン氏日本人が日本語で英語を学ぶことはできないといい、それは英語を説明するときに日本語では不可能に近いからだといいます。

マーク ピーターセン氏は日本文学を学ぶアメリカ人研究者でフルブライト留学生として来日してからは東京工業大学を経て明治大学教授に就任しています。

マーク ピーターセン氏は日本語をマスターしているので自身の日本語での著作は翻訳されたものではなくすべて自分で書いています。

日本語で英語を説明するのが不可能に近いと同時に日本語で英語とは?というテーマについて話したり書いたりすること自体が矛盾であると自身も語っていますが、繊細な言語感性による彼の著書は日本で英語教育を受けてきた者にとって英語の理論を再確認するとてもよいものです。

1988年に発行された彼の著書「日本人の英語」には英語における冠詞や前置詞、また時制、関係代名詞、受動態などの使い方を通して英語の論理的構造がわかりやすく書かれています。

日本語と英語ではもともとの発想や論理に隔たりがあるのですが、彼独特のユーモアを交えて解き明かしていってくれるのでとても楽しく読めるだけでなく、とても奥が深い内容です。

日本語と英語では文化的背景が全く異なっています。

日本人が英語を使うときに日本語的発想のまま英語で書いたり話したりしていること自体がおかしな英語になってしまっているのですね。

英英辞典を使ってみる

英英辞典というのは英語を母国語と知る人が使う国語辞典ですね。

私たちが日本語の言葉の意味がわからないときに国語辞典で調べる、その英語版ということです。

英英辞典を使うというのは英語を母国語としない人にとっては難しいかもしれませんが、分からない単語を調べようとするからで、一度既に知っている単語を英英辞典で調べてみてください。

既に知っている優しい単語を英英辞典で調べてその意味の説明が書かれている英文を読んでいくのは大量に英語をインプットできる手軽な方法です。

わざわざ英英辞典を購入しなくてもネットで使える無料の英英辞典を利用するといいでしょう。

OxfordやLongmanの辞書のサイトがあるので大いに活用しましょう。

辞書というのは実は調べるものではなく読むものであるということは知っていましたか。

英英辞典で単語を調べるというよりも英英辞典を読むのです。

読むことで簡単に英語を大量にインプットすることができますね。

英単語の意味を英語で確認することになるので単語集を使うよりも単語力がつくでしょう。

英単語の意味も正確に知ることができます。

ただ、あまりにわからない単語が出てくる場合には必要に応じて英和辞典で意味を確認するのはやぶさかではありません。

大量に英語をインプットするために読むのですから、少しぐらい分からないことがあってもあまり気にせずに読み流すぐらいでもいいのです。

もちろん書かれている内容を暗記する必要はありません。

英語のインプットを大量に行うには

英語ができる人とできない人のさというのは語学の才能ではありません。

どれだけ英語がインプットされているかどうかにかかってくるのです。

英語のインプットの量を多くして英語ができるようになるための基本条件があります。

まず、基本的な文法と語法をしっかり身につけることです。

そして辞書を引いたり日本語に訳したりする時間を多く取らないことですね。

すでにわかっている英文ややさしい英文をたくさんと読むといいでしょう。

いわゆる多読ですね。

そして英語は簡単にマスターできないものであるということを心しておきましょう。

基本的な文法と語法の知識をしっかり身につけてできるだけ辞書を引くことなくやさしい英文を多読、多聴することが大事です。

英語を読むときには日本語訳をするように文のあちこちを行きつ戻りつして読む読み方はやめましょう。

英語の語順どおりに理解する読み方をしていきます。

そして既に知っている英文や易しい英文をたくさん読んだり聞いたりする練習を行うといいのですが、繰り返し見たり聴いたりするということが言語習得にお得る重要なポイントとなります。

英語ができない人に限って難しいことをやりたがるものですが、自分のレベルよりもワンランク下げたぐらいの英文を多量に入れるほうが力はついていくものなのです。

例えば英検2級がやっとという人が背伸びして準1級レベルの英文を読んだり聴いたりするのではなく2級レベルの英文を大量にインプットしたほうがいいのです
十分にそれを行った後に準1級レベルの英文に触れたほうが早く準1級に合格するでしょう

日本人の英語力

日本人の英語力といっても、日本人の中にも英語がよくできる人もいればそうでない人もいます。

英語ができるようにならない人はどこかに問題があるのでしょうか。

また英語ができる人はどんな勉強法をしているのでしょう。

英語ができる人とできない人の大きな違いは英語をどれだけ入れているかでしょう。

つまり英語をインプットした量が英語ができるかできないかの差になっているようなのです。

英語の勉強をしている時間が仮に同じだとしてもその時間内の英語のインプット量が違うのです。

英語の勉強方法として単語を辞書で調べる、日本語の訳を書く、英語を音読する、英語を読むなどいろいろな方法があります。

英語に接する時間はどれが一番長いでしょうか。

辞書で単語を調べたり(英英辞典の場合は別ですが)日本語の訳を書いたりするよりも、易しくてもいいから英文をたくさん読んだり音読する方が英語に接している時間は長いですね。

英語をできる人を指して、よくあの人には英語のセンスがあるからとか、語学の能力があるんだよねとか言ったりすることがありますね。

英語ができるかどうかは語学の才能ではないようなのです。

英語の勉強をしている時間に何をしているかによって違いが出てくるのですね。

英語を大量にインプットしているかどうかそれが大きな違いとなってくるようです。

日本の学校の英語教育では英語を大量にインプットするという発想がありません。

単語力と文法力がなければいくら大量にインプットしようとしても無理があります。

文法なんてよくわからなくても日本語を話しているから英語にも文法はいらないなどどいう人もいますが、それば違います。

文法の知識がなければ単語を調べても文章としても意味はつかめません。

高校卒業程度の文法は英語学習においては不可欠ですね。